bithumbに登録してみました

韓国の取引所のbithumbに登録してみました。一応多言語化サイトになています。

登録の際に名前の登録で苦戦しました。日本語の漢字での名前登録やカナでの登録ができないことが明確でなかったので、何度かやり直して、結局ローマ字で名前登録できました。

フィアットの入出金は韓国ウォンのみ対応です。暗号通貨同士の売買はできるようなので、中国の取引所と同じような使い勝手だと思います。

 

ちなみにサイトに登録したら、1000KRW(韓国ウォン)がもらえました。

 

コリアンプレミアム

ここ最近、韓国の取引所が出来高を伴って価格も牽引しているようです。

地政学リスクの影響?でしょうか。確かにドルも下げています。

さすがに朝鮮半島で戦争になったら、日本も何かしらの影響があると思いますので、有事の円買いとはいかないと思うのですが・・・こればっかりは読めません。

ICOを物色中

怒涛のようにICO案件が誕生してきてるのを遠目に、しばらくICOから遠ざかっていました。

いくつかは、面白そうなコンセプトなんだけど、最低資金に届かなそうだったりして中々手を出せる案件がありません。

個人的に、ゲーム系、金融系、取引所が面白そうかなと思っています。

 

 

8/1のハードフォークについて

結論から言うと、BCH(BCC)の取り扱いを表明している取引所にBTCを預けておく作戦が一番有効でした。

国内だと、ビットバンクトレードCCかBitFlyerが早くから取引も開始されており、高値で売り抜けられたチャンスが高かった状態でした。

海外の取引所も多くが配布に対応していましたが、なんとYoBitは前日に配布されてました。。。

BTC-eがまさかのGOXか

老舗取引所だけにオドロキです。真相はまだですが、運営代表者がMt.Goxのハッキングにも関与していたような情報も出てカオスです。

その代表者がギリシャでマネーロンダリング容疑で逮捕され、サイトもFBIに差し押さえられたみたいです。

Okcoinからの引き出しができました

Okcoin(CNY版)からの引き出しができました。

前回トライした時にはSMSコードがうまく送信されてこなかったのですが、サイトの言語を中国語表記にしたらすんなりSMSコードが送られてきました。

ちなみにBWの時も同様でした。

BTCが30万円台に急回復。結局分裂するのかしないのか・・・

Bitmainを筆頭とした(?)ビックブロック派がビットコインキャッシュ(BCC)なるものにフォークして分裂するっていう話でまとまりそうだったのが、急に雲行きが怪しくなってきました。

BiaBTCがBCC(ビットコインキャッシュ)のIOUを取り扱ているのですが、後ろ盾(?ラスボス?)のBitmainが、BCC(ビットコインキャッシュ)に否定的というか関与してません的な声明を出して、もう何が何だか・・・

・・・でも結局、永遠とグデグデだろうと、BTCは死なない(何度死んでもよみがえる)んだなぁと思います。