coincheckのコイン貸出について

coincheckのコイン貸出についてですが、最大年率5%でコインを貸し出せるサービスですが、海外取引所のレンディングに比べると条件は良くないです。

年利5%の条件としては1年間(365日)の貸し出しが条件となる(最短の14日での貸し出しだと年率1%となります)事や、XMRとZECとXEMとLTCとDASHに関しては外部からの預け入れ(デポジット)ができないので、coincheck内で購入(調達)した残高しか貸し出せません。

目玉のXRPについても、貸出希望が殺到のため、当面は貸り入れ需要待ちとなってるようです。

POSWalletからの退避先

POSWalletから大部分のPOSコインが上場廃止されました。

移行先のStakingWalletを探したのですが、なかなか見つからなく、あきらめかけていた矢先にまさに灯台下暗し。

BTCPOPがStakingWebWallet対応でした。取り扱ってるコインはそんなに多くないですが、そここ対応してるのでオススメです。

GenesisMiningのZECがROI到達

当時のUSDレートで30USDほど投資した分の回収が終わりました。契約は今年の11/28までなので、どこまで利益が出るか楽しみです。

ZECはローンチ後ののバブルの弾けっぷりが凄まじく、当初ROI絶望的だったのですが、今年4月からのアルトコインバブルの波にちゃんと乗っていたのを忘れていました。

※現在ZECのハッシュパワーは売り切れです。BTCのライフタイム契約か、ETH、XMR(モネロ)の2年契約が購入できます。

購入時にプロモコード【rH7tlU】を入力すると3%OFFで購入できます。

 

 

神経質な相場

8/1のUASFを控えて神経質な相場になっています。

毎度のことながらBTCには政治駆け引きや分裂騒動がついて回り、これが最大のリスクだと思います。

今日はBTCの下落につられてアルトコインもほぼ全面安の展開です。TOP10銘柄の中だと唯一XRPが健闘しています。