マイクハーンは何を今思うか

今年に入って、明るい話題が無いビットコインですが、極めつけはハードフォークの動向でしょう。

現実世界でも争い事や戦争は経済的な優位性を確保することが起因なので、ビットコインも例外なく仁義なき経済戦争が勃発する事が必然な状況下だと思います。

コア派もBU派もどっちもどっちだけれど、一番迷惑なのは取引所やウォレット業者など、多くの顧客資産に触れる業態でしょう。この混乱は本当にいい迷惑だと思います。

ビットコインは壮大な実験とよく言われていますが、その通りだと痛感します。今回の件は、起こるべくして起こったと思いますし、どういう結果になるかもわかりませんが、少なくとも市場は冷めるでしょう。もしかしたら、終わりの始まりなのかもしれません。

マイクハーンは今頃、「俺が言ったとおりだろ」とほくそ笑んでいるのか、「俺には関係の無い事だ」と無関心なのか・・・・

いずれにせよあの時と状況が変わらず、巡り巡ってとうとう争いに発展したというところでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です