市況

最近ロシア産のICOが増えてきた気がします

先月の中国の取引所閉鎖問題も大きな混乱というか価格破壊は起こりませんでした。

ボチボチ面白そうなICOに参加しようかと考えています。

最近のロシアは暗号通貨に寛容なイメージがあり、いくつかのICOでもロシア産のものがチラホラ見受けられます。

中国の次はロシアが暗号通貨のビックプレイヤーになりそうな予感。

中国取引所規制ニュースで不安定相場に

中国国内の法定通貨の取引所が禁止されるというニュースが出た影響で、市場が混乱しています。

中国の3大取引所は当局からの規制を否定していますが、なかなかきな臭い話です。「火のない所に煙は立たぬ」の言葉通り、水面下で何かしらの大きな規制が発令される可能性もあると思います。

中国の取引所は独自発行通貨を発行してるところが多いですが、これを受けて取引所の独自発行通貨ももれなく大暴落してます。

 

 

チャイナショック再来

PBoC(中国人民銀行)のICO規制のニュースが発端で昨日はほぼ全銘柄が大きく下落しました。今年のBTC引き出し規制に続くチャイナショックです。

ここ最近のICOはやり過ぎ感もあったのでこの展開は仕方ないというか、予測してリスクヘッジするべきでした。

先月Poloniexで配当(証券)タイプのトークンの取り扱い廃止がアナウンスされたことからも、中国だけでなく、SEC(アメリカ証券取引委員会)も節操がないICOには否定的スタンスだと思います。

おはぎゃーの予感

日本円で56万円を付けたBTCですが、本日(日付変わって昨日)6%近く下落しました。
他のaltcoinも軒並み下がりました。

調整にモードについて、材料らしい材料は無いと思いますが、下落したらしたで下値で拾えるからまぁいいかなと思っています。

45万位まで下落したら、少しずつ現物買いを意識していこうかなと思います。

 

有事のBitcoin買い

最近のBTCの値上がりは、8/1の分裂を経てスケーラビリティ問題で明るい展望が見えてきたことと、北朝鮮とアメリカの緊張関係も影響してるのかなと思います。

為替のほうはじりじりとドル安に動いています。

コリアンプレミアム

ここ最近、韓国の取引所が出来高を伴って価格も牽引しているようです。

地政学リスクの影響?でしょうか。確かにドルも下げています。

さすがに朝鮮半島で戦争になったら、日本も何かしらの影響があると思いますので、有事の円買いとはいかないと思うのですが・・・こればっかりは読めません。

ちょっとずつ買い増ししてます

少なくとも8/1迄は上がる材料が無いので、一方的にダラダラ下がる気がしすまが、少しずつBTCを買い下がっています。

なんだかんだ言って、4月からの参加者は未だ利益でてるんですよね。

 

 

 

覚悟はしていましたが、なかなか激しい調整局面

相変わらず暗号通貨全面安基調が続いています。

8/1のビットコイン分裂危機に関しても先が見えないこともあり、狼藉売りが加速してる気がします。

一方のアルトコインも、BTCのヘッジとして有効な通貨がこれと言って無い状況にも思えます。

 

神経質な相場

8/1のUASFを控えて神経質な相場になっています。

毎度のことながらBTCには政治駆け引きや分裂騒動がついて回り、これが最大のリスクだと思います。

今日はBTCの下落につられてアルトコインもほぼ全面安の展開です。TOP10銘柄の中だと唯一XRPが健闘しています。

アルトコインバブルの正体はジャパンマネー?

先月から継続しているアルトコインバブルがとどまる気配がありません。BTCもそれなりに上昇していますが、他のアルトコインの上昇率が際立っています。特にETH、DASH、XRP、NEMなどは、このバブル相場で10倍以上値上がりしています。

ついこの間、1円の値を付けたと思ったXRPは現在11円まで値上がりしています。

ここ数カ月は、日本円の資金流入が多いような気がします。なんだかんだでジャパンマネーがこのバブルを牽引してる気がします。