BitCoin

b2x見送り(延期?)でBTCが下落

b2xハードフォークが見送りされるようです。それに伴って、エアドロップ期待の買いが止まってBTC価格に調整が入りました。

分かりやすい。。。余りにもわかりやすい展開です。

ちなみに、BTCの調整を横目にBCHは大幅に上昇しています。

ハードフォークバブルはいつまで続くのか

あきらかに今月中旬のb2x(Segwit2x)のエアドロップを期待したBTCの買いが続いており、なんと価格が85万円まで上昇中。。。

完全にお祭りです。BCHの時のように楽観シナリオだったらいいですけど、さてさてどうなることやらです。

ハードフォークに備えてリスクヘッジでBCHを押す人もチラホラ見受けられ、実際BCHも価格を伸ばしています。

先日のBTG問題もあるように、今後のビットコインからのハードフォーク問題も考え物だと思います。

どうなるBTG

10/25にハードフォークでBTG(ビットコインゴールド)なるものが誕生するようです。BCH(ビットコインキャッシュ)の時みたいに取引所が取り扱えば値段が付くので、ここのところ、BTCが上昇しています。

BTGについては、調べれば調べるほど微妙で現時点でハードフォーク時にBTGを付与すると宣言してる取引所はあまり多くないです。

日本ではbitflyercoincheckとBtcBoxが付与する方針のようです。

コリアンプレミアム

ここ最近、韓国の取引所が出来高を伴って価格も牽引しているようです。

地政学リスクの影響?でしょうか。確かにドルも下げています。

さすがに朝鮮半島で戦争になったら、日本も何かしらの影響があると思いますので、有事の円買いとはいかないと思うのですが・・・こればっかりは読めません。

BTCが30万円台に急回復。結局分裂するのかしないのか・・・

Bitmainを筆頭とした(?)ビックブロック派がビットコインキャッシュ(BCC)なるものにフォークして分裂するっていう話でまとまりそうだったのが、急に雲行きが怪しくなってきました。

BiaBTCがBCC(ビットコインキャッシュ)のIOUを取り扱ているのですが、後ろ盾(?ラスボス?)のBitmainが、BCC(ビットコインキャッシュ)に否定的というか関与してません的な声明を出して、もう何が何だか・・・

・・・でも結局、永遠とグデグデだろうと、BTCは死なない(何度死んでもよみがえる)んだなぁと思います。

 

経済合理性を欠く行為は無謀なのか

最近ハードフォークの話題にお腹いっぱい気味になってきました。

BUが市場にどれほど期待されているか(価値を認められているか)は、BitfinexのBCC(ビットコインコア)とBCU(ビットコインアンリミテッド)のIOU価格で推測できます。

ちなみに現在は、BCCが790USD、BCUが175USDとなっており、BCUはあまり歓迎されておりません。

マイナーも結局ビジネスなので、そうそう利益を度外視しての行動はできないと思いますが。

※万が一今回の騒動が、BCCとBCUのインサーダー(不安をあおってBTCを暴落させて、底値で拾う)だったとすると・・・本当に恐ろしい世界です。

ビットコイン取引については法整備が追いついておらず、株などのようなインサイダー取引を取り締まる法律もありませんので、ある意味無法地帯だと思います。

BTCが大きく下落しました

一時10000JPYを割りました。現在は少~し持ち直していますが、正直地合いは良くないと思います。

こうしてみると、今年に入って、①中国の取引所規制②ETF非認可③BUのハードフォーク問題。と多くの受難に遭遇していますが、そのたびに反発していますで、今回のBUのハードフォーク問題がひと段落すれば、徐々に盛り返していくと思います。

目下、BTC Dominanceも66%とほかのaltcoinへ資金の流れが止まりません。

対BTCで見るとここ一週間だけでも8割ほどのaltcoinが上がっています。

反面、BTCのブロックチェーンを使う、Counterparty系のトークンは厳しい状況です。

マイクハーンは何を今思うか

今年に入って、明るい話題が無いビットコインですが、極めつけはハードフォークの動向でしょう。

現実世界でも争い事や戦争は経済的な優位性を確保することが起因なので、ビットコインも例外なく仁義なき経済戦争が勃発する事が必然な状況下だと思います。

コア派もBU派もどっちもどっちだけれど、一番迷惑なのは取引所やウォレット業者など、多くの顧客資産に触れる業態でしょう。この混乱は本当にいい迷惑だと思います。

ビットコインは壮大な実験とよく言われていますが、その通りだと痛感します。今回の件は、起こるべくして起こったと思いますし、どういう結果になるかもわかりませんが、少なくとも市場は冷めるでしょう。もしかしたら、終わりの始まりなのかもしれません。

マイクハーンは今頃、「俺が言ったとおりだろ」とほくそ笑んでいるのか、「俺には関係の無い事だ」と無関心なのか・・・・

いずれにせよあの時と状況が変わらず、巡り巡ってとうとう争いに発展したというところでしょう。

ビットコインのハードフォークに備えるべきか

依然混迷を深めていますが、ほぼほぼハードフォークは避けられないような状況に思えます。

とりあえず、BUに対応すると思われる大手取引所に置いておくのがベターな気がします。

ちなみに、有識者のかたは、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットでの管理を推奨しています。(分裂後のBTCやBTUを自分の管理下で扱えるということが一番の理由のようです)

気を付ける点として、PoroniexやBitfinex等でのレンディング(貸出)は気ちょっと危険なようです。

これはいろいろな方が、指摘しているのですが、ETHとETCの分裂の時に実際にETHを貸出中だったがために、ETCを取り出せなかったという実例があるようです。

ビットコインがハードフォークするの?

Bitcoin Unlimtedによってビットコインブロックチェーンのハードフォークが現実味を帯びているようです。

というのも主要取引所からの声明があり、ハードフォークに直面した際は、Bitcoin Coreを支持するような内容でした。

Bitcoin Unlimitedのフォークは取り扱われるとしたら、BTUという別物として取り扱われる様子。(ETHとETCみたいな感じ?)

ここ最近のアルトコイン爆上げ相場と何かしらの因果関係がありそうですね。