WCXというトークンをもらってみました

WCXというトークンですが、10/1のICOスタートに先駆けてサイトに登録するだけで50WCXがもらえます。

内容はというと、取引所の収益の20%がホルダーに分配されるトークンのようです。肝心の取引所はベータ版が9/1にリリースされるようです。

セールスポイントは手数料の安さみたいですが、どうやら0.1%位らしいです。

正直そんなに安くないと思いますし、取引所に求められる要素は資産の安全性と売買の流動性だと思います。

取引所収益の分配型トークンは先行してMERCATOXというものがありましたが、まだ成功したといえるような例はありません。

とりあえず、タダでもらえるものは貰っておこうと思います。(ICOは参加しません。多分・・・絶対)

※タダでトークンが貰えるからでしょうか。現在登録者数が325000人程のようです(ホントかいな???)。プレセールスページを見てみましたが、最低購入額が高すぎ?でちょっとこれは論外かな・・・

久々にICOに参加しました

Everexというモバイルプラットフォーム上で、マイクロファイナンスサービスを受けられたりするそうです。

参加した一番の動機は、金融系ということもありますが、そもそも結構有名なプロジェクトということに気づいたということが一番の動機です。

最近の小粒なICOと違い、開始から1カ月の現時点で60000ETH程集まってるというなかなかの大型案件だったのです。

Zaifトークンが謎の暴騰

Zaif取引所のネタトークンのZaifトークンがここ数日爆上げしてます。

ついこの間まで0.1円だったのですが、とうとう2円にタッチする謎の暴騰を演じています。

あらゆる通貨に言えることですが、こういった突然のpumpがあるから面白いです。

BINANCEに登録してみました

巷で評価が高い中華系取引所のBINANCEに登録してみました。

とりあえず登録だけしてみたので、使い勝手はわからないですが、中華系サイトお約束のICOや独自発行通貨もあり、面白そうです。

bithumbに登録してみました

韓国の取引所のbithumbに登録してみました。一応多言語化サイトになています。

登録の際に名前の登録で苦戦しました。日本語の漢字での名前登録やカナでの登録ができないことが明確でなかったので、何度かやり直して、結局ローマ字で名前登録できました。

フィアットの入出金は韓国ウォンのみ対応です。暗号通貨同士の売買はできるようなので、中国の取引所と同じような使い勝手だと思います。

 

ちなみにサイトに登録したら、1000KRW(韓国ウォン)がもらえました。

 

コリアンプレミアム

ここ最近、韓国の取引所が出来高を伴って価格も牽引しているようです。

地政学リスクの影響?でしょうか。確かにドルも下げています。

さすがに朝鮮半島で戦争になったら、日本も何かしらの影響があると思いますので、有事の円買いとはいかないと思うのですが・・・こればっかりは読めません。

YoBitのInvestBoxについての注意

日利0.2%~とHYIP並みの高利が貰えるYoBitのInvestBoxですが、毎日5回Diceゲームをしないと利息が貰えなくなっていますので放置してる人は要注意です。

ICOを物色中

怒涛のようにICO案件が誕生してきてるのを遠目に、しばらくICOから遠ざかっていました。

いくつかは、面白そうなコンセプトなんだけど、最低資金に届かなそうだったりして中々手を出せる案件がありません。

個人的に、ゲーム系、金融系、取引所が面白そうかなと思っています。

 

 

POSWallet.comサービス停止か?

ハッキングされたみたいですね。今後のサービス継続は未定ですが、一旦は預けてあるコインの引き出しを強く推奨してます。

FreeBitco.inでもBCC配布されてます

知る限りfaucetでは唯一ではないかと思います。ハードフォーク時のBTC残高に応じてFreeBitco.inでビットコインキャッシュを引き出せます。引き出し期限が8/20迄だそうですので、忘れずに。