ICOで購入したPrcoinをwebwalletへ移行してみた

いくら購入したのかも忘れてしましました。一応ローンチしてたみたいです。

広告を自サイトに掲載したり、自分の広告を載せてもらったりできる仕組みのようです(・・・のようです)

  • qtwalletをダウンロードして、メールで送られてきたimportprivkeyを使ってプレセールスで購入した残高をwalletへ反映させる。
  • PrcoinADというサイトのアカウントを作る。※このサイトでwebwalletやBTCとのトレードや、広告の取得などができます。
  • qtwalletからPrcoinADのwebwalletへコインを送る(トレードや送信など普通に使えるデポジットアドレスと、広告のみに使える広告専用のデポジットアドレスに分かれてるので要注意)

感想としては、広告もあまり無いし、過疎ってるなぁと思います。これからユーザが爆発的に増えるとも思えないです。

J-Bitsサービス停止

QUOIN系の新興取引所(他はBITPoint)では、一番使い勝手が良かったので残念です。

昨年の6月にサービス開始とのことなので、撤退の見切りは早いと思います。

大手参入を前に、黒字化の目途が立たなかったのかもしれません。BTC取引所もFX黎明期に似てきました。

 

Bitbaysの払い出しができました

意外や意外。もう少し待たされるものと思っていましたが、BitbaysからのBTC引き出しが完了しました。

しばらくは様子見のため預け入れは控えます。

一方のBTC123は未だBTCの引き出し申請ができません。

 

 

中国の取引所からの資産引き上げを始めました

主に、アービトラージと預け入れの利息目当てで使っていますが、身元確認厳格化の波が押し寄せているので、いったん預けてある資産のを引き揚げて様子を見たいと思います。

  • BTC123は、資産の引き出しにパスポート(海外からの登録者)のセルフィーを送らないと引き出せないようになっていましたので、先週セルフィー写真をサイトからアップロードしました。

無事承認されて、本日ETHの引き出しができました。しかし、BTCとLTCは引き出しにストップがかけられています。

 

  • Bitbaysも高い年利につられてBTCを預けていますが、引き出し申請をしました。

が・・・Real Name Verification(実名登録)をしていないためなのか、Withdrawal HistoryのステータスがAuditing(監査?)となっています。

  • 急なお上の方針とは言え、アカウント登録や預け入れはフリーパスで、引き出すときは厳格なのはちょっと辛いです。

 

 

中国の取引所規制が一段と進む

OkcoinとHuobiが1ケ月間ビットコインの引き出し停止のアナウンス発表後に大きく価格が下落しました。

今後さらに三大取引所に限らず、中小の取引所にも影響が出てきています。手始めに、顧客の身元確認を強化の方針が徹底されそうです。

個人的にまだ中国の取引所に大変お世話になっているので戦々恐々です。

【PonziGame】のBitMinerについて

過去記事で書いたBitMinerを無料で放置していましたが、最低払い出し額の0.005BTCに達したので払い出し申請をしました。

ところがなんと・・・有料アップグレードしていない場合は、払い出しに30日以上待たされるようです。

過去の教訓を活かし、ここは有料アップグレードを見送ります。(無料プランは有料への餌ですので、つられてはダメです)

※ちなみにこのサイトは本家のBitMiner.euが名前と会社登録番号を勝手に使われてるとScam警告してます。

Scam Website BITMINER.IO
Use Bitminer.eu Company Name and Number.

Stay Away and Share this message!